初心者でも勝てる?FX自動売買の記録

TariTali(タリタリ)の登録方法とXM、Titan口座開設方法

TariTali登録XM、Titanの口座開設も以外とあっさり出来てしまいますが登録、口座開設方法を解説します!(。・ω・。)

 
もし、このページから見始めた方でTariTali(タリタリ)って何?という方はこちらからどうぞ↓

 
 
では、さっそくTariTaliの登録方法から解説していきます!

 

TariTali登録手順

下のバナーからTariTali公式サイトへ行きます!

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

 

赤枠の「キャッシュバック口座開設 ユーザー登録」をクリックして新規ユーザー登録ページへ

 

お名前(カタカナ)メールアドレスパスワードパスワード(確認)を入力します。
僕はカタカナを見落としていて漢字で登録していました。。後で変更できましたけど。(´・ω・`)
お名前はカタカナです!

入力が完了したら「確認画面へ」をクリックします。
確認画面で入力に間違いなければ「登録完了」をクリック。

しばらくすると、「【TariTali】仮登録完了のお知らせ」というメールが届くので、
メール本文の「下記URLへアクセスされますと本登録が完了いたします。」と書いてある下のURLをクリックします。

以上で登録完了です!!ヽ( ´∇`)ノ

 

口座を開設する

■追記
2018年10月16日にTariTaliからHighRebateというキャッシュバック90%~のサービスが提供開始されました!
XMの新規・追加口座をTariTali(HighRebate)経由で作成された方は、キャッシュバック率がスタンダード口座またはマイクロ口座で9USD、ZERO口座で4.5USDとなっています!
XMで取引する場合はHighRebate経由の方がキャッシュバック率が上がります!
XMで新規・追加口座開設を考えている方はまずこちらの記事を確認してください!
キャッシュバックサービスTariTaliがHighRebateの提供を開始!

ブローカー別に新規口座と追加口座の開設方法を分けてあるので、下から選択してください!

新規口座を開設する場合は、本人確認書類の提出が必要なので「運転免許証」「パスポート」「保険証」「マイナンバーカード」等の公的な証明書の中から2種類を準備しておくと開設がスムーズに出来ます!

 

XMで新規口座を作る場合

 
HighRebateページの「新規口座開設」ボタンを押された方は、
リアル口座の登録 1/2」というところまで進んでください。

 
TariTali公式サイトへ行きます!

 

XM(XMTrading)キャッシュバック口座開設 というページに来ますので、下へ少しスクロールします。

 

TariTaliよりリベート受け取り可能な口座開設方法 という部分がありますので、
新規口座開設」をクリックします。

 

リアル口座の登録 1/2 というページに飛びますので、各項目を入力します。

■下のお名前:(例)Taro お名前をローマ字で入力

■姓:(例)Yamada 苗字をローマ字で入力

■居住国:(例)Japan リストから選択

■希望言語:(例)日本語 リストから選択

■電話:(例)+819012345678
※自分の電話番号が090-1234-5678の場合。電話番号最初の0は省略して入力する。

■Eメール:(例)○○@gmail.com メールアドレスを入力

 

■取引プラットフォームタイプ:MT4(FXならびに株価指数、金属、エネルギーのCFD商品)を選択します
※MT5はMT4より新しいプラットフォームですが、現状はまだMT4の方がEA等のツールの種類は多いですし、自動売買をするのであればMT4を選択した方がいいと思います。

■口座タイプ:「スタンダード」「XM ZERO」「マイクロ」のどれかを選択
※XM ZEROよりスタンダードの方がキャッシュバックは多いですが、スプレッドは広くなります。
僕はEAによってスタンダードとZEROを使い分けているので両方の口座を作ってあります。
マイクロ口座は1ロット単位が1,000通貨になります。僕は使っていません。。

 
入力を終えたら「ステップ2へ進む」をクリックします。

 

リアル口座の登録 2/2 ページに来ますので、各項目を入力します。

■下のお名前(全角カナ表記):(例)タロウ お名前をカタカナで入力

■姓(全角カナ表記):(例)ヤマダ 苗字をカタカナで入力

■生年月日:(例)19〇〇年〇月〇日 リストから選択

 

口座有効化する際に本人確認書類が必要になるので、本人確認書類と同じ住所を入力します。

すべて英語表記で入力します。

英語住所に変換してくれるサービスを使ってコピペでもOKです。
JuDress(住所を英語表記に変換してくれます)
http://judress.tsukuenoue.com/

 
記入例の住所(例は架空の住所です)
〒123-4567 東京都千代田区長田町1-2-3-101

■都道府県・市:(例)Tokyo

■番地・部屋番号:(例)1-2-3-101
※マンションなどの場合は、建物名は省略して部屋番号のみ入力します

■区町村・町名:(例)Nagata-cho, Chiyoda-ku

■郵便番号:(例)1234567 ハイフンなしで入力します

■納税義務のある米国市民ですか?:(例)いいえ リストから選択

 

■口座の基本通貨:(例)JPY リストから選択

■レバレッジ:(例)1:888
※レバレッジはご自身のトレード環境やレバレッジに対する考え方で決めていただければと思います。
ハイレバレッジを好まない方は小さめのレバレッジにした方がいいと思います。
僕は500倍(1:500)です。

■口座ボーナス:(例)はい、ボーナスの受け取りを希望します
※どちらを選択してもXMの方針によりキャッシュバックを受け取る場合はボーナス対象外です。

 

以下項目は大体あてはまる項目をリストから選択します。

■投資額 (USD):(例)0 – 20,000 リストから選択
※20,000ドル以上にすると、最大レバレッジが制限されるので、
888倍などのハイレバレッジでトレードしたい場合は「0 – 20,000」を選択。

■取引の目的および性質:(例)投資 リストから選択

■雇用形態:(例)被雇用者 リストから選択

■職種:(例)コンピュータ、アクセサリー、サービス リストから選択

■学歴:(例)学士 リストから選択

■所得総額(米ドル)はいくら位だと推定できますか?:(例)50,000 – 100,000 リストから選択

■純資産(米ドル)はいくら位だと推定できますか?:(例)100,000 – 500,000 リストから選択

 

■口座パスワード:パスワードを入力

■パスワードの確認:もう一度パスワードを入力
※小文字、大文字、数字の3種類の文字を含める必要があります。

■確認:2か所チェック

 
入力を終えたら「リアル口座開設」をクリックします。

 

登録メールアドレスに「XMTradingへようこそ」というメールが届くので、
本文中の「こちら」もしくは「Eメールアドレスをご確認下さい。」をクリックします。
※認証リンク有効期限が24時間なので、24時間以内に認証してください。

 

認証が完了すると、MT4のIDとサーバー情報がメールで届きます。
この情報はMT4からこの口座に接続する際に必要なので必ず保管しておいてください。

 
これでXMでの新規口座開設は完了です!!

 
XMで口座開設が完了したら、トレードを開始するために口座の有効化が必要になります。
口座を有効化するには本人確認書類の提出が必要なので、必要書類を準備したらスマホなどで撮影してアップロードすればすぐに完了します!

 

XMの会員ページにログインします。

 

口座の有効化が案内されている場合はそこをクリックします。
※PCの場合、「ようこそ」と書いてある赤い枠のあたりをクリックするとメニューが開きます「マイアカウント」→「書類をアップロードする」からでも行えます。

 

身分証明書」と「住所確認書」をアップロードします。

身分証明書:(例)運転免許証
※身分証明書は、「運転免許証」「パスポート」などの顔写真付きの公的な身分証明書をスマホなどで撮影してアップロードします。
※「運転免許証」の裏面に住所変更などが記載されている場合は裏面もアップロードします。

住所証明書:(例)健康保険証
住所証明書は、6カ月以内に発行された「公共料金の請求書(電気、ガス、水道、電話等)」もしくは、「健康保険証」「住民票」等をスマホなどで撮影してアップロードします。
※「運転免許証」でも大丈夫ですが、「身分証明書」に「運転免許証」をアップロードした場合は、「身分証明書」とは別のものをアップロードします。

「身分証明書」と「住所確認書」のファイルを選択したら「書類をアップロードする」をクリックします。

アップロードが完了すると「証明書類アップロード完了通知 」メールが届きます。
本文に「24時間以内(土日・休日を除く)に審査されます。」と書かれているので、
有効化されるまでしばらく待ちます。

しばらくすると「口座有効化および顧客区分のお知らせ (XM)」というメールが届きます。

以上で口座の有効化も完了です!!

 

XMで追加口座を作る場合

 
XMの口座を既に持っている場合も、TariTaliで新しく追加口座開設をする必要があります。
既に持っている口座をキャッシュバック口座としてTariTaliに登録しても、
キャッシュバック口座として登録は出来ないので新しく追加口座を作ります。

HighRebateページの「追加口座開設」ボタンを押された方は、
XMのログインページ」というところまで進んでください。

 
TariTali公式サイトへ行きます!

 

XM(XMTrading)キャッシュバック口座開設 というページに来ますので、下へ少しスクロールします。

 

TariTaliよりリベート受け取り可能な口座開設方法 という部分がありますので、
追加口座開設」をクリックします。

 

XMのログインページ に飛びますので、今持っているXM口座のID/PWを使ってログインします。

 

追加口座を開設 → リアル口座を開設 から以下を参考に各項目を入力します。

■取引プラットフォームタイプ:(例)MT4(FXならびに株価指数、金属、エネルギーのCFD商品

■口座タイプ:「スタンダード」「XM ZERO」「マイクロ」のどれかを選択
※XM ZEROよりスタンダードの方がキャッシュバックは多いですが、スプレッドは広くなります。
僕はEAによってスタンダードとZeroを使い分けているので両方の口座を作ってあります。
マイクロ口座は1ロット単位が1,000通貨になります。僕は使っていません。。

■口座の基本通貨:(例)JPY

■レバレッジ:(例)1:500
※レバレッジはご自身のトレード環境やレバレッジに対する考え方で決めていただければと思います。
ハイレバレッジを好まない方は小さめのレバレッジにした方がいいと思います。
僕は500倍(1:500)です。

■口座ボーナス:(例)はい、ボーナスの受け取りを希望します
※どちらを選択してもXMの方針によりキャッシュバックを受け取る場合はボーナス対象外です。

■口座パスワード・パスワードの確認:*********** パスワードを決めて入力

■確認:確認事項に目を通して、チェックボックスにチェック

入力が完了したら「リアル口座開設」をクリックします。

 

これでXMでの追加口座の作成は完了です!
メールでサーバー情報・MT4のIDがメールで届きます。

 

Titanで新規口座を作る場合

 
TariTali公式サイトへ行きます!

 

TitanFXキャッシュバック口座開設 というページに来ますので、下へ少しスクロールします。

 

TariTaliよりリベート受け取り可能な口座開設方法 という部分がありますので、「新規口座開設」をクリックします。

 

1.クライアントキャビネット情報(ローマ字入力)

TitanFX「ライブ口座を開設する」のページに飛びますので、必要事項を入力します。

 
■名(ローマ字):(例)Taro 名前をローマ字で入力

■姓(ローマ字):(例)Yamada 苗字をローマ字で入力

■メールアドレス:(例)○○@gmail.com メールアドレスを入力

■生年月日 (日/月/年):(例)1970年1月23日の場合→ 「23/01/1970

■TitanFXをどこで知りましたか?:(例)「google検索」など

■クライアントキャビネットのパスワード:パスワードを決めて入力
※7文字以上の半角英数字で、大文字・小文字・数字を1つ以上入れてパスワードを入力
 パスワードは必ずメモしておいてくださいね。

 

2.連絡先情報(ローマ字で入力してください)

口座開設の後に本人確認書類が必要になるので、本人確認書類と同じ住所を入力します。
本人確認には写真付き身分証明書と住所確認資料が必要になります。2種類準備しておきましょう。

■顔写真付き確認資料
運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど

■住所確認資料
健康保険証、発行から三か月以内の住民票 / 公共料金の請求書-ガス・電気・水道 / カード利用明細書など

 
■国:(例)日本の場合→「Japan

■国番号:(例)日本の場合→「(+81)」をリストから選択します

■電話番号(ハイフンなし):(例)「9012345678
※自分の電話番号が090-1234-5678の場合。電話番号最初の0は省略して入力する。

 
住所はすべて英語表記で入力します。

英語住所に変換してくれるサービスを使ってコピペでもOKです
JuDress(住所を英語表記に変換してくれます)
http://judress.tsukuenoue.com/

 
記入例の住所(例は架空の住所です)
〒123-4567 東京都千代田区長田町1-2-3-101

■市区町村以降の住所:(例)「1-2-3-101

■市区町村(例)「Nagata-cho, Chiyoda-ku

■都道府県:(例)「Tokyo

■郵便番号:(例)「1234567」 ハイフンなしで入力

 

3.取引口座

■口座タイプ:「スタンダード」「ブレード」のどちらかをリストから選択
※「ブレード」より「スタンダード」の方がキャッシュバックは多いですが、スプレッドは広くなります。
僕はEAによって使い分けているので両方の口座を作ってあります。

■レバレッジ:(例)1:500 リストから選択
※レバレッジはご自身のトレード環境やレバレッジに対する考え方で決めていただければと思います。
ハイレバレッジを好まない方は小さめのレバレッジにした方がいいと思います。
僕は500倍(1:500)です。

■基本通貨:(例)JPY リストから選択

ガイド・利用規約などを確認して問題なければチェックボックスをチェック

チェックを終えたら「口座開設」をクリックします。

 

登録したメールアドレスにTitanFXからメールが届くので、メール本文の「確認」をクリックします。

 

メールアドレスの確認が完了しました」というページが表示され口座開設が完了します!
クライアントキャビネット」というボタンからログインします。

先ほど準備しておいた本人確認資料をアップロードして本人確認手続きをします。

■顔写真付き確認資料
運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど

■住所確認資料
健康保険証、発行から三か月以内の住民票 / 公共料金の請求書-ガス・電気・水道 / カード利用明細書など

 
以上で完了です!!
メールでサーバー情報・ID・パスワードが届きます。

 

Titanで追加口座を作る場合

 
TariTali公式サイトへ行きます!

 

TitanFXキャッシュバック口座開設 というページに来ますので、下へ少しスクロールします。

 

TariTaliよりリベート受け取り可能な口座開設方法 という部分がありますので、
新規口座開設」をクリックします。

 

TitanFX「ライブ口座を開設する」のページに飛びますので、一番下までスクロールして「ログインはこちら」をクリックします。

 

Titanのログインページに飛びますので、「メールアドレス」と「パスワード」を入力してログインします。

 

口座の追加」ボタンをクリックします。

 

■口座タイプ:「スタンダード」「ブレード」のどちらかをリストから選択
※「ブレード」より「スタンダード」の方がキャッシュバックは多いですが、スプレッドは広くなります。
僕はEAによって使い分けているので両方の口座を作ってあります。

■レバレッジ:(例)1:500 リストから選択
※レバレッジはご自身のトレード環境やレバレッジに対する考え方で決めていただければと思います。
ハイレバレッジを好まない方は小さめのレバレッジにした方がいいと思います。
僕は500倍(1:500)です。

■基本通貨:(例)JPY リストから選択

■Titan FX IB業者が提供する口座縛りのあるEA(自動売買)を利用しますか?:
はい」を選択

■EAまたはIBの名前:
利用EA名:TariTaliオリジナルEA」と入力します

 
口座開設」ボタンをクリックします。

 
これでTitanでの追加口座の作成は完了です!
メールでサーバー情報・ID・パスワードが届きます。

 
 

TariTaliに作った口座を登録する

TariTali公式サイトへ行きます!

 

赤枠の「ログイン」をクリックします。

 

ログイン画面より、先ほどTariTaliに登録した「メールアドレス」と「パスワード」を入力してログインします。

 

口座管理」をクリックして先ほど作った口座の業者名取引口座番号入力(MT4 IDと同じです)を入力。
登録する」ボタンをクリックします。

口座一覧に口座が登録されます。
24時間以内に「【TariTali】口座登録完了のお知らせ」というメールが届いたら完了です!

顧客情報」の部分から、ユーザー登録情報の変更、出金先の設定などが出来ます!

今回は以上です!お疲れ様でしたーヾ(≧▽≦)ノ゙

 
次は、FX専用のPC環境を手に入れるための、おすすめVPS「ABLENET」の紹介です!

 

くらげ
どなたかの参考になるとうれしいです!ヽ( ´∇`)ノ

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)海外FXするならTariTali! やっておかないと損です!